2007年8月6日月曜日

基本的なLinux-ping

ping -R -i 60 -v -w 86400 XXX.XXX.XXX.XXX >>/tmp/PingTest.log
  • XXX.XXX.XXX.XXXは対象のIP
  • 60秒間隔で24時間送り続ける
  • -R 経路を記録。
  • -i pingコマンドの送信インターバル(秒指定)。
  • -v 詳細な出力。
  • -W 設定した時間が経過したらpingを終了する(秒指定)。

■関連コマンド■
コマンドの末尾に&を着けるとバックグラウンド実行。
ping XXX.XXX.XXX.XXX>>/tmp/test.log &

jobs」コマンドで実行中のプロセスを表示。この時に各プロセスのIDも表示される

・「[1]+ Running ping XXX.XXX.XXX.XXX>>/tmp/test.log &
・「fg 1」と入力するとIDが1のバックグラウンドプロセスが表にでる。
・「bg 1」と入力するとIDが1のプロセスがバックグラウンドにいく。
コメントを投稿