2008年4月22日火曜日

偽典セクサリス

私と音楽のストライクゾーンが近しいひーさんが新たな名曲を発掘。
それが少女病というサークルの出している「偽典セクサリス」。

一通り聞いてみて思った感想を書いてみる。
目指している曲のイメージ、及びこの手の先駆者と追随者として比較対象になりやすいSound Horizonと比較すると、曲調は軽いけど内容は重くなってる。

直にSound Horizonと比較する場合、Sound Horizonはあらまりさん脱退前後で大きく区切れると思うけど少女病は脱退前のSound Horizonに近い。
ただ逆にあからさまに黒い単語や表現を使っているので、深みが足りない印象がある('A`)。

技術的な面の話しになるけど作詞作曲、曲全体バランスや編曲編集を通して「やっぱRevoさんてすごい人だなぁ」と熟々感じた。
と、同時に現在のSound Horizonが失ったモノの大きさに愕然ともなる。そういう点で過去のSound Horizonがもっていたの期待感と高揚感は確実に存在する曲。

もう一つ、CD全体を通して音割れが非常に気になる。
スタジオが悪いのか編集が悪いのか、機会担当が悪いか解らないけどね。
コメントを投稿