2008年10月15日水曜日

Asteriaカスタム関数の作り方

■Asteria マッパー関数開発者ガイド

Asteriaを起動して適当にProjectを開き、マッパー関数を適当に置く。
でそのマッパー関数をダブルクリックする。

で、項目マッピング画面が出たら上の方にある関数一覧で「制御」タブを開く。
右から2番目にある「JAVAインタプリンタ」をドラッグ&ドロップして適当な所に置く。

おいた「JAVAインタプリンタ」を右クリックして「カスタム関数の作成」を選択。

そうするとカスタムコンポーネント作成と同じウィザード画面が出てくるのでこれを設定する。


■コンポーネント名
必ず「.」を含ませる。「.」を含まないComponentを作れるのはインフォテリアの特権。
一般的な会社なら「会社名.部署.Component名」とかになるか。

■コンポーネント表示名
日本語OK。FlowDesigner上で表示される名前。

■コンポーネントを初期表示するタブ。
自由。まぁ分かり易い場所に。

■コンポーネントのツールチップ
自由。まぁ分かり易い様に。

■コンポーネントのクラス名
「コンポーネント名」の最後の部分とかにするのが妥当かなと思われる。

■コンポーネントのパッケージ名
実際のJavaソースのフォルダ構成になる部分。
ここは注意が必要。

■生成したフォルダを保存するフォルダ
特にここじゃないとダメという指定はない。
ただおそらくEclipseを使っての開発を行っている人が多いと思うので、EclipseのProject内に出すのが妥当か。
コメントを投稿