2008年11月26日水曜日

AsteriaでDBを扱う時のやり方

■init
この時点でPropertyの値は取得出来る
PreparedStatementの作成

■execute
ここではinitの中で作成したpreparedStatementを利用するだけ。
なおDBにデータを登録する際はこの中でcommitする事

■term
PreparedStatementの解放

なおAsteria用独自Componentを作成する際、その内部でStreamExceptionを投げてはいけない。
ComponentException、ComponentExceptionByMessageCodeを利用する事。

後当たり前だけど、DBがDate型でStreamがDate型の所にStringのValueを入れても、DBに登録される時はDate型から値を取得するからNullとして扱われる。
コメントを投稿