2009年1月15日木曜日

Asteriaのループ処理。

飽くまで自己だけでLoopするコンポーネントの場合。Flow図中でLoopコンポーネントを利用してLoopする場合は常にexecuteが実行される。

■Component側
まずLoopをさせるにはコンポーネントのexecuteメソッドにて最後にfalseを返す。
そうするとexecuteLoop処理でLoopを開始する。

executeLoopメソッドの最後に変えすフラグは以下の通り。
LOOP_END・・・Loop処理を実行し、Loopは終了した
LOOP_CONTINUE・・・Loop処理を実行し、Loopは継続する
LOOP_NOTHING・・・Loop処理は実行されなかった

■定義ファイル側
<Output loop="true" streamPassThrough="true"/>

を追加する
コメントを投稿