2009年6月18日木曜日

XenServer 5.5

がでたので早速既存のXenServer5.0環境からUpgradeしてみる。
やり方はV12nってWebに纏められていた。
簡単にいうと
・XenServer5.0上の仮想Machineを全て落とす。
・XenServerをメンテナンスモードに変更する。
・XenServer5.5のCDを入れて再起動して、CDから起動する。
・XenServer5.5のInstall途中で、既存環境をUPするか新規でInstallするか聞かれるのでそこでUPを選択。
で終わり。

途中でLinux Packを入れるか否か聞いてくるんだけど、これ何だろう。
■Xen 3.1.0(XenServer 4.1編)には
XenServerのLinux Pack CD-ROM にはゲストOS用テンプレートの他にXenServer/仮想マシンを管理するコマンドツールが含まれています。
と書かれている。5.0入れた時もこのLinux Packは入れてないけどCentOS5.3は入ったしなぁ。コマンドも特に使わないからいいのかな。
まぁ後から追加も出来るっぽいから後でやればいいか('A`)
コメントを投稿