2009年6月23日火曜日

XenServer5.5にZabbixを入れる。

XenServerもLinuxなのでZabbixで監視出来る様にしてみる・・・って出来るのかな。相当特殊な構造になってると思うけど・・・。まぁ壊れたらまた入れ直せばいいか('A`)。
どうやらyumも標準で入ってるみたいだし。入れるだけなら苦労しなさそう?
基本はCentOSと同じなのでUnder the MOON: CentOSにZabbixのClientを入れる。と同じ方法いける。
しかし!
Installする途中でfpingとlibiksemel.so.3がなくてERRORが出ちまう。
という訳でこいつを入れる。

■fpingのInstall
普通のyumじゃとってこないのでyumの検索対象を追加する。
rpm --import http://ftp.riken.go.jp/pub/Linux/dag/RPM-GPG-KEY.dag.txt
vi /etc/yum.repos.d/dag.repo

でファイルを開いて下記の文言を書き加える。
[dag]
name=Dag RPM Repository for Red Hat Enterprise Linux
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/dag/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag
gpgcheck=1
gpgkey=http://ftp.riken.go.jp/pub/Linux/dag/RPM-GPG-KEY.dag.txt
enabled=0

でyum
yum --enablerepo=dag install fping
yum install fping


■libiksemel.so.3を入れる。
wget ftp://ftp.pbone.net/mirror/centos.karan.org/el5/extras/testing/i386/RPMS/iksemel-1.3-2.el5.kb.i386.rpm
rpm -UvH iksemel-1.3-2.el5.kb.i386.rpm
chmod u=rwsx,g=rx,o=rx /usr/sbin/fpin


■Zabbix-AgentのInstall
yum install zabbix-agent


■設定の変更
vi /etc/zabbix/zabbix_agent.conf
vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
の二つのファイルを開いて編集する。Server=127.0.0.1を正しいZabbix-ServerのIPに変更する。
コメントを投稿