2009年6月22日月曜日

ZabbixをUbuntuに入れる

Server負荷監視Softを入れる。Nagiosに続いてZabbixを入れてみる。
■Zabbix公式
環境は勿論Ubuntu 9.04 Server。MySQLやphpが必要なのでInstall時の選択でLAMPにCheckを入れておく事。
参考資料はこちら。
■ZABBIXインストール
■ZABBIXフロントエンドのインストール
■統合監視ツールZABBIX事始め
Zabbixの基本概念
ホスト・・・監視対象の事
アイテム・・・監視対象項目の事

■Zabbix ServerのInstall。
sudo apt-get install zabbix-server-mysql
Install途中でMySQLのRootのPassword、Zabbix用のPasswordの設置を要求されるので適宜設置する。

■Zabbix AgentのInstall
必要であれば、Agentも入れる。
sudo apt-get install zabbix-agent


■Zabbix ServerのFrontEndのInstall。
sudo apt-get install zabbix-frontend-php
ここでもMySQLのPasswordが聞かれるので適宜入力。これで基本は終わり。
後々色々設定する必要がある項目を今の内にやって、Apache2再起動
・タイムゾーンの設定
・各スクリプトの最大実行時間
・設定ファイルの読み込み権限
sudo echo date.timezone=Asia/Tokyo >> /etc/php5/apache2/php.ini
sudo echo max_execution_time=300 >> /etc/php5/apache2/php.ini
sudo chown www-data:www-data /etc/zabbix/dbconfig.php
sudo chown zabbix:zabbix /etc/zabbix/zabbix_*.conf
sudo chmod 666 /etc/zabbix/dbconfig.php
sudo chmod 666 /etc/zabbix/zabbix_*.conf (Agentでも必要)
sudo mkdir /var/run/zabbix-agent (Agentで必要)
sudo mkdir /var/run/zabbix-server
sudo chown zabbix:zabbix /var/run/zabbix-* (Agentでも必要)
sudo chmod 775 /var/run/zabbix-* (Agentでも必要)
sudo echo zabbix_agent 10050/tcp >> /etc/services (Agentで必要)
sudo echo zabbix_trap 10051/tcp >> /etc/services
sudo /etc/init.d/apatch2 restart
これで終了。
http://${いれた鯖のIP}/zabbix/
で画面にAccess出来る。初期ID/Passはadmin/zabbix。

■設定ファイルの変更
sudo vi /etc/zabbix/zabbix_agent.conf
sudo vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
sudo vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf

で各設定ファイルを開き、Server=127.0.0.1の部分を正しいZabbix-ServerのIPに変更する。

■日本語表示化と初期設定
Zabbixにログインしたら上部Menuから「Administration」→「User」と移動してUser一覧画面を開いてそこから「Admin」を選ぶ。すると設定画面が開き、真ん中辺りに「Language」項目があるのでそれを日本語に変更する。
「管理」→「インストール」を押すと初期設定画面が開くのでここを進める。特に考える事なく同意とかはいで作業は進むはず。途中でMySQLの接続設定があるのでこれを正しく設定する。接続テストもあるから必ずやって確認する。最後まで言ったらフィニッシュでおわり。

■起動スクリプトの修正(Bug対策)
さてここまでやってUbuntuを再起動したら、なぜかZabbixがAgentもserverも自動起動しなかった。
原因を調べてみるとZabbixの起動に必要なpidファイルを置くフォルダが無くなっているようだった。もう他力本願丸投げでぐぐってみたら案の定ヒット。
[覚え書き] ubuntu 9.04 の Zabbix の不具合
このWebの情報を元に作業開始。まずはserver側
sudo vi /etc/init.d/zabbix-server
で設定ファイルを開いてしたの赤字で書いてある部分を追加する。
PID=/var/run/zabbix-server/$NAME.pid
DIR=`/usr/bin/dirname "$PID"`
test -f $DAEMON || exit 0
@@ -21,6 +22,10 @@
case "$1" in
start)
rm -f $PID
if [ ! -d "$DIR" ]; then
/bin/mkdir -p "$DIR"
/bin/chown -R zabbix:zabbix "$DIR"
fi

echo "Starting $DESC: $NAME"
続いてAgentの方
sudo vi /etc/init.d/zabbix-agent
で起動スクリプトを開いて赤文字の部分を追加する。
PID=/var/run/zabbix-agent/$NAME.pid
DIR=`/usr/bin/dirname "$PID"`
test -f $DAEMON || exit 0
@@ -21,6 +22,10 @@
case "$1" in
start)
rm -f $PID
if [ ! -d "$DIR" ]; then
/bin/mkdir -p "$DIR"
/bin/chown -R zabbix:zabbix "$DIR"
fi

echo "Starting $DESC: $NAME" >;&2
これでUbuntuを再起動すればZabbixも起動する様になるはず。
コメントを投稿