2009年7月2日木曜日

XenMotionをやってみる

XenServer5.5を入れられるPCをもう一台ゲットしたので早速インストール。
これでXenServerが二つそろったのでXenMotionのテストが出来る。

という訳で早速やってみる。

■条件と準備
・移動元/移動先の物理PCのCPUが同一である事
・移動元/移動先の物理PCから、仮想マシンが保存されているDiskが読める事(NFS、iSCSI等)
・移動元/移動先の物理PCが共に同一のリソースプール内に登録されている事
・移動元/移動先の物理PCの時計がある程度正確である事(時計が合わない事で仮想マシンがハングする事がある)
・移動元/移動先の物理PCが搭載するメモリ量、相互をつなぐLAN速度によってXenMotionに要する時間が大きく変化する

■実行
XenCenter上で移動する仮想マシンを右クリック
「Migrate」をクリック
移動先物理PCを選択して実行

で出来る。取り敢えず
・入れ立てほやほやのCentOS5.3
・ハブ一個を介したPC同士
・移動元/移動先の物理PCのどちらも1GBメモリ
状態でやったけど大凡40~60秒位。
コメントを投稿