2010年2月7日日曜日

豊田のプリウスリコールについて

某所より転載

===========================================================-

プログラムで多分、減速時発電に回す優先度を高くしすぎていたというのが
原因だろうと思う(これ自身はトヨタの甘さだとは思う)けど、
ABS+回生ブレーキ故に、起こりうる原理が判ってる人間ならクレームにしないわな、これ。
つか、そう言う現象すらあったことに気づかなかったんじゃないの?
こういうブレーキシステムの原理に無知な連中(やたらビビってブレーキ踏むドライバー)が
主体購入層だから出た話という匂いプンプン。
マスゴミも大概にその辺勉強してから叩いて欲しいモンだな。

「ABS付いてンだから、本気で止まりたいときは思い切り踏め!」
↑これで済む話だったら笑うぞ。結局おっかなびっくりブレーキを踏む奴が多いから。

実際、新型プリウスに乗ってる連中の多くは、見通しがよく車も来ない、
しかも青信号の交差点でブレーキ踏みまくったり、少し速度が上がると
流れ考えず減速するドヘタが多くて、後ろに付いてると怖いことが多いのよね。

まじめな話、始動時、制動時に既存の車と大きく異なるシステムが入ってるから
ドライバーの適性検査とかした方が良いと思うわ。
運転する方も、今までの車とは大きく異なるんだって自覚が必要。
それを全てメーカー任せにする体質は、学校で指導を全て教師任せにする親に
通じるものがあるな。
コメントを投稿