2011年3月29日火曜日

大規模Webアプリケーション開発入門頂きました。

Twitterで掲題の書籍がほしいなぁと呟いたら、監修の方からまさかの献本をもらってしまいました。
やっぱり呟いてみるモンですね。

さてその献本をもらう条件として書評というかレビューを書く事。という事で書いてみます。

タイトルに入門とある通り、オライリーにしては珍しくホントにwebシステム開発の入門者向け。取り敢えずこれは知っておけ、これはこういうモノだよと言った説明と情報が多数。

内容を大別するとサーバサイド、JavaScript/ajax、CSS、HTML、データ管理、パフォーマンスの解説。
サーバサイドの言語はphp。ウチだとJavaなのでそこだけが気になった所。

ただこの本を会社でちょと見せた友人曰わく、
目次を見るだけで、何を勉強すればいいか解るね。
との事。これには激しく同意。
ただやはり入門書なので、それぞれを深く掘り下げはしてない。故に本当にキリキリチューンとかやりたいならやはり他のオライリーが必要になりそう。或いは逆にこの本を読んで自分が特化したい分野を探す事も出来そう。
タイトルに大規模web開発ってあるけど大規模じゃないならこれ一冊で充分な気がしないでもない。

後NGパターンとGoodパターンを併記してるあたり入門者には親切な感じがする。JavaScriptでやっちゃ行けない事(グローバル変数)とか、HTMLでやっちゃ行けない事(Tableによるレイアウト)とかそのあたり指摘してる。教科書っぽい、というと分かり易いかも。
こういうのが記載されてる事を考えると新卒とかまだプログラム不慣れな輩に読ませた方が良さそう。

IT企業に就職が決まってプログラミングやりそうな人は今のうちから読んでおいた方がいいかも。マジで。

大規模Webアプリケーション開発入門 ―変化に強いWeb開発を実現する10の原則大規模Webアプリケーション開発入門 ―変化に強いWeb開発を実現する10の原則
Kyle Loudon 河村 圭介

オライリージャパン 2011-03-25
売り上げランキング : 1542

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
コメントを投稿